岡山産業保健総合支援センター お問い合わせ 地図 トップページ
支援内容両立支援促進員両立支援チーム

トップページ>治療と仕事の両立支援   ・・・●支援申込はこちら(申込書をFAX送信してください)

治療と仕事の両立支援
治療と職業生活の両立支援
このようなお悩みにお答えします!

治療法の進歩や健診による早期発見などから、がんは治る病気となりました。
今やがんに罹っても仕事を辞めず、働きながら治療をする時代です。
また、糖尿病や肝臓病など、一見元気そうでも長期の医療的ケアを必要とする人も増えています。

『治療と仕事の両立支援』とは、働く意欲と能力のある労働者が、
病気やその治療を理由として職業生活の継続を妨げられることなく、
同様に仕事を理由として治療の機会を逃すことなく、
適切な治療を受けながらいきいきと働き続けられる社会を目指す取り組みです。

定年延長などに伴い、労働者の年齢が高くなる現代、
事業場はがんや慢性疾患に罹った労働者に接する機会が多くなります。
これら労働者の福祉はもちろんのこと、
経験豊富な労働力を手放すことなく、健康経営を推進する観点からも、
事業場では従業員が治療を受けながら働くことができる環境を整備する必要があります。

岡山産業保健総合支援センターでは、
2016 年2月、厚生労働省が発表した『治療と職業生活のガイドライン』に沿って、
事業場のご相談に応じ、お手伝いをしています。




●治療と仕事の両立支援ポータルサイト(労働者健康安全機構)

治療と仕事の両立支援ナビ




(C)2009 岡山産業保健総合支援センター