岡山産業保健総合支援センター お問い合わせ 地図 トップページ
研修会産業保健相談メンタルヘルス対策支援地域産業保健センター

岡山産業保健総合支援センターとは

図書機器の貸出
メールマガジンの配信
パンフレットの配布
講師の斡旋
リンク集


◆本サイトの利用にはAdobe Readerが必要です

トップページ>産業保健についての助成金

産業保健についての助成金(平成30年度)

助成金についてのお問い合わせは、
岡山産業保健総合支援センターへ(086-212-1222

労働者数50人未満の
事業場が対象
労働者数の
制限なし
 小規模事業場産業医活動助成金
・産業医コース
・保健師コース
・直接健康相談環境整備コース
(ストレスチェック実施後の)
職場環境改善計画助成金

・Aコース
・Bコース
ストレスチェック助成金  心の健康づくり計画助成金 

※これらの助成金は、厚生労働省の産業保健活動総合支援事業の一環として行われています。
※助成金の申請書(平成30年度版)は「労働者健康安全機構」のサイトで入手できます。




小規模事業場産業医活動助成金

※対象:労働者数50名未満の小規模事業場

事業主  労働者数50名未満のウチには
 「産業医の選任義務」がないけど…
 産業医や保健師と契約し、社員の健康管理に役立てたい

産業医
コース
<助成金額>
1事業場当たり100, 000 円を上限( 6 か月ごと)とし将来にわたり2回限り助成する。
小規模事業場が、産業医の要件を備えた医師と契約し、
職場巡視、健康診断異常所見者に関する意見聴取、保健指導等、産業医活動の全部又は一部を
実施した場合に、費用の補助を受けることができる制度
→申請方法など、詳細はこちら

保健師
コース
★新設★
<助成金額>
1事業場当たり100, 000 円を上限( 6 か月ごと)とし将来にわたり2回限り助成する。
小規模事業場が、平成30 年度以降、新たに保健師と

・健診異常所見者や長時間労働者等に対する保健指導
・高ストレス者等に‘対する健康相談
・健康教育等の産業保健活動

…の全部又は一部を実施する契約を締結し、実際に産業保健活動が行われた場合に、
費用の助成を受けることができる制度
→申請方法など、詳細はこちら

直接健康相談
環境整備
コース
★新設★
<助成金額>
1事業場当たり100, 000 円を上限( 6 か月ごと)とし将来にわたり2回限り助成する。
小規模事業場が、次の①、②の契約のいずれかに、契約した産業医又は保健師に
労働者が直接健康相談できる環境を整備する条項を含めて締結し、
労働者へ周知した場合に助成を受けることができる制度

① 産業医の要件を備えた医師と職場巡視等、産業医活動の全部又は一部を実施する契約
② 保健師と健診異常所見者や長時間労働者等に対する保健指導

等、産業保健活動の全部又は一部を実施する契約
→申請方法など、詳細はこちら

★助成金についてのお問合せ、ご相談は岡山産業保健総合支援センターへ





「ストレスチェック」実施促進のための助成金

※対象:労働者数50名未満の小規模事業場

支店長  ストレスチェックの実施?
 私の支店は労働者数50名未満だから「努力義務」らしいけど
 ストレスチェックを実施すれば、助成金を受けられるらしいよ。

事業所(労働者数50 人未満の事業場)が、医師・保健師などによるストレスチェックを実施し、
また、ストレスチェック後の医師による面接指導などを実施した場合に、
事業主が費用の助成を受けることができる制度

<助成対象と助成金額>
ストレスチェック後の面接指導を実施する医師と契約し、

(1) ストレスチェック(年1回)を実施した場合、
1従業員につき500 円を上限として、その実費額を支給する。

(2) 1のストレスチェック後に面接指導等医師による活動を受けた場合、
1事業場当たり1回の活動につき21, 500 円を上限として、その実費額を支給する。(1事業場につき年3 回を限度)

→申請方法など、詳細はこちら


ストレスチェック実施後の集団分析結果を踏まえ、「職場環境改善」に取り組む事業場は、「職場環境改善計画助成金」を受ける事ができます。こちらもご検討下さい。

★助成金についてのお問合せ、ご相談は当センターへ



職場環境改善計画助成金

※従業員数に関わりなく、全ての事業場が助成対象です。

職場環境改善に悩む人  ストレスチェックを実施したものの、
 それをどう職場環境改善につなげたらいいか…
 設備の購入も考えているので
 専門家の意見をきけたらいいんだけど

ストレスチェック実施後の集団分析を踏まえ、事業主が職場環境改善計画を作成し、
計画に基づき職場環境の改善を実施した場合に、負担した費用の助成を受けることができる制度

【Aコース】
専門家(産業医等の医師、保健師、看護師、精神保健福祉士、産業カウンセラー、臨床心理士等の心理職、労働衛生コンサルタント、社会保険労務士)による指導に基づく職場環境改善計画を作成

職場環境の改善を実施

負担した指導費用及び機器、設備の購入費として
1事業場当たり100, 000 円を上限とし、うち機器・設備の購入費は
50, 000 円を上限、かつ単価50, 000 円以内のものに将来にわたり1回限り助成する。

→申請方法など、詳細はこちら


【Bコース】岡山産業保健総合支援センターがサポートします!
岡山産業保健総合支援センターのメンタルヘルス対策促進員の助言・支援※に基づき職場環境改善計画を作成
(助言・支援のお申込はこちらの「個別訪問支援のお申込み」から)(利用は無料です)

職場環境の改善を実施

負担した機器・設備の購入費として1事業場当たり50, 000 円を上限に将来にわたり1回限り助成する。

→申請方法など、詳細はこちら
「助成を受けることができる?」等のお問い合わせも受けております。
お気軽にお電話ください。(電話番号:086-212-1222・メールで問い合わせ


メンタルヘルス対策促進員の助言・支援とは
職場環境改善計画の作成のための助言、設備の購入を含む、改善計画が実施されたことの確認 等

心の健康づくり計画助成金

※従業員数に関わりなく、全ての事業場が助成対象です。個人事業主も対象になりました。

心の健康づくりとは?  労働者のメンタルヘルス対策を会社全体でやっていきたい。
 具体的な対策や計画の作成は、どうすればいいんだろう。

事業主が各産業保健総合支援センターのメンタルヘルス対策促進員の助言や支援を受ける
(助言・支援のお申込はこちらの「個別訪問支援のお申込み」から)

心の健康づくり計画(ストレスチェック実施計画を含む)を作成する

計画を踏まえメンタルヘルス対策を実施した場合、費用の助成を受けることができる

1企業又は1個人事業主当たり100, 000 円を将来にわたり1回限り助成する。

→申請方法など、詳細はこちら







↑ページトップへ戻る






























(C)2009 岡山産業保健総合支援センター