現在、トラック等自動車の運転の業務については、改正労働基準法に基づく時間外労働の上限規制の適用が猶予されていますが、令和6年4月からは新たな規制が適用となり、各道路貨物運送事業者におかれましてはその対応準備が必要となります。

また、道路貨物運送業における労働災害は、依然としてトラック荷台からの墜落・転落災害を中心に多発している状況です。

そのため、岡山労働局及び各労働基準監督署では、岡山産業保健総合支援センター、岡山県労働基準協会及び中国運輸局岡山運輸支局に各共催いただき、道路貨物運送業に対する労務管理及び安全衛生管理等を中心としたオンライン説明会(参加費無料)を開催することといたしました。

続きは、岡山労働局のサイト

参加の申し込みはこちら