緊急事態宣言解除後の各事業の実施について(2021. 06.21)

岡山産業保健総合支援センターでは、新型コロナウイルス感染症の感染リスクに十分配慮して「三つの密(密閉・密集・密接)」を避ける対策等を講じた上で、各事業を進めております。ご利用時には、マスク着用、手洗い・手指消毒、体調確認(検温・症状等)問診票の記入等の実施にご協力ください。また、個別訪問の際は、事業場での感染症予防対策をお願いします。

また、当センターにおける6月21日以降の各種支援について、下記のとおり対応しております。

今後、変更が生じる場合は、ホームページにてお知らせいたします。なにとぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

研修会

6月30日までに予定している会場での研修会は全て延期(実施未定)または中止といたします。7月以降の会場での研修会は、実施します。研修会場では、扉や窓の開放・換気を行いますが、発熱・咳・くしゃみ等の症状がある方は、入室いただけない場合があります。なお、YouTube配信・Zoom研修会は予定どおり実施しています。

相談

FAX、メールフォーム、メールにて24 時間受付しております。相談者の希望に合わせてFAX、メール、電話にて後日回答いたします。センターでの対面相談、実地(現場を見ての助言)相談は、実施を再開します。

メンタルヘルス対策

「個別訪問支援」(心の健康づくり計画の策定に係る支援、メンタルヘルス教育の実施等)は、実施を再開します。(事業場で感染症予防対策が講じられているかを確認した上で訪問いたします。)

治療と仕事の両立支援

相談は24時間FAX、メールで受け付けています。ご希望により電話で相談することも可能です。「個別訪問支援」、「個別調整支援」は、実施を再開します。(事業場で感染症予防対策が講じられているかを確認した上で訪問いたします。)

地域産業保健センター

「健康診断結果についての医師の意見聴取」は、対面での実施を再開しますが、引き続きメール又は郵送等でも対応します。「長時間労働者・高ストレス者面接指導」は、対面で実施します。「事業場訪問(職場巡視等)」は、実施を再開します。