「産業保健総合支援センター」は、厚生労働省が所管する「独立行政法人 労働者健康安全機構」の運営する公的な機関です。

当センターでは、事業場の産業保健スタッフ(産業医、保健師、衛生管理者、事業主、人事労務担当者等)を対象に産業保健に関する研修や相談等を無料で行なっています。

また、労働者数50人未満の事業場に対する産業保健サービス(法令で定められた保健指導等)は、地域産業保健センターが無料で行なっています。

事業案内

研修会

メンタルヘルス、健康管理、職場の環境改善、産業保健スタッフのスキルアップなどに有効な研修会を行っています。

相談

産業医、保健師、産業カウンセラー、労働衛生コンサルタントなどが、産業保健に関する様々な問題の解決方法を助言します。

メンタルヘルス対策

メンタルヘルス対策促進員が事業場を訪問し、職場のメンタルヘルス対策のサポートをします。

治療と仕事の両立支援

治療を受けながら安心して働き続けることができる職場づくりを支援します。

地域産業保健センター

労働者数50人未満の小規模事業場対象に「健康診断結果についての医師からの意見聴取」「長時間労働者及び高ストレス者に対する面接指導」などの産業保健サービスを無料で提供しています。

情報提供

産業保健についての情報提供を行います。 パンフレット・産業保健21のご案内、調査研究の報告、メールマガジンの配信、図書貸出など

〒700-0907
岡山市北区下石井2-1-3 岡山第一生命ビルディング12階

電話番号:086-212-1222
FAX番号:086-212-1223
メールアドレス:info@okayamas.johas.go.jp
ご利用できる日時:8:30~17:15(休日:土日祝日、年末年始)

専用駐車場はありません。岡山産業保健総合支援センターへお越しの際には、公共交通機関をご利用ください。岡山駅から徒歩約7分です。

さんぽセンターバナー