平成30年度から令和4年度を計画期間とする第13次労働災害防止計画も計画期間後半となりましたが、林業の労働災害は、計画期間中の死亡災害の減少を目標に掲げられているにもかかわらず、増加傾向にあります。

このため、厚生労働省では、13次防における計画期間(平成30年4月から令和5年3月までの5年間)の4年度目である令和3年度における林業の安全対策の推進に係る留意事項について、「令和3年度における林業の安全対策の推進に係る留意事項(4~7ページ)」のとおり定めました。

参考:伐木作業・林業における安全対策(厚生労働省)

更新日:2021年4月初旬